« December 2012 | Main | September 2013 »

2013.04.28

放射能が一番の環境問題

原発事故でまき散らされた放射能は環境破壊の最たるものだと思うのだけれどそういうこと言ってる人が少ないのはなぜだろうか。
今となっては地球温暖化の原因と言われたCO2なんかそんなに大した問題じゃないと思う。CO2を考えていた時は地球が温暖化するというのはとても大変変な問題だと思ったのだけれども、放射能の問題はそんなことをはるかに超えている。線量の被曝というのはこの先の日本人にどんな影響及ぼしていくのだろう。よくわからないままに大したことはないと言ってはいけないだろうし、そのことを心配する人たちの方が普通の感覚だと思うのだが。
チェルノブイリのいろいろな状況を聞いたりアメリカの核実験の行われた場所でのガンの増加のことやらスリーマイル島の周りに住んでいた人たちの健康問題のことなどを聞く。心配すべきことが山のようにあり、平気な顔をしていられるのは、そういうのがすぐに起こるというわけでもなく、じわじわと個々の人間の上に現れてくるからだろう。ただちに影響がないという言い方はよく言ったものだ。すごくうまくて、因果関係もはっきりしないと責任を逃れることができる。でも、実際には影響あるということはわかっているのに。命と生活が一番大事なのに、人間の命は大事にされてないということがよーくわかるこの頃。本当にガッカリする社会。

« December 2012 | Main | September 2013 »