« 消臭剤が危険? | Main | Bird flu attacks in Hanoi »

2004.01.12

食の世界に今何がおきているか

岩波新書、中村靖彦著
「食の世界に今何がおきているか」と言う本を読んだ。健康な暮らしをしようと思えば食の問題について考えざるを得ない。ちょうど最近アメリカでのBSE牛も発見されて問題になっている時だから、タイムリーな本だったとも言える。BSEのことは他の本で書いたことがあるそうだが、この本の中でもアメリカでの様子について取材したことが書いてあった。アメリカでは出ないだろうというリスク分析をしていたにも関わらずアメリカでもBSE牛が発見されてしまった。プリオン病の怖さも、はっきりした実態がわからないことも、不安だらけだ。
狂牛病の問題だけでなく、遺伝子組み換え食品とかサプリメントのこととか知らないままでいてはいけないことがいっぱいあって、自分の食べるものには自分で責任を持つのがとても難しくなっているのだということを改めて感じたのだった。

« 消臭剤が危険? | Main | Bird flu attacks in Hanoi »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「食品の安全」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1259/95671

Listed below are links to weblogs that reference 食の世界に今何がおきているか :

« 消臭剤が危険? | Main | Bird flu attacks in Hanoi »