1行紹介

もと働くお母さん、今は家事べたの主婦です。

自己紹介文

今は主婦で下の子どもも中学生になりました。でも家事はあんまり好きではなく、できるだけ簡単に手を抜きたいというのが正直な気持ちです。最近専業主婦は肩身が狭く、以前は仕事を持って働いていたとはいえ今は単なる主婦となった身としては、家事に実を入れるのがいいことなんでしょうが、適当にやってできないところは「ま、いいか」ですませてしまいます。本当は本を読んだりするのが好きなのでそういうことに時間を使いたいのと、家事はいい加減でも何か世の中に役立つことをしたいという気持ちがあります。ボランティア的に女性団体に所属してはいます。
自分なりにいろいろ今何が一番大事なのかと考えてみると、地球を人間を含めさまざまな生物が住めるところであるようにしていくことなのではないかと思っています。いわゆる持続可能な社会、ということ。すごく大きなことでどうせ一人でやったってどうにもなるものでもないという感じもするのだけれど、やっぱり社会の基礎になっている家庭の主婦というのもそういうことを考えていかないと、何も変わってはいかないでしょう。それで、自分は家事はそれほど好きではないけれども、口にする食べ物とか、身の回りで使われる化学物質とか、そういうことを考えて、実行できることはやってみようと思っています。

興味のあること

英語,料理,本,映画,音楽,ウェブログ,アメリカ,イラク,科学